So-net無料ブログ作成
検索選択

紅霞後宮物語 第五幕(ちょっと辛口) [本]

紅霞後宮物語 第五幕

えーと、複雑です。
面白いと言えば面白い、でも、なんかすごく読後感が悪い。

あまりにも感覚が違いすぎるのではないかと思う。

このシリーズ、最初の2-3冊はするっと読めてたんですよね。
でも、あまりにも小玉の分林に対する感じ方がなじめない。
うーん、何なんだろうなぁ、この違和感は。

文林も不器用だけど、このくらいはありだろう。
セリフも屈折してるけど。

男優位の時代で、思わず高い地位を得てしまった頭の良い男。
自分に必要な人材を集め、足場を固める中に小玉もいる。
そんな事情とは別に彼女は自分の想い人。

でも、なぜか小玉の分林に対する想いは暗いんだよねぇ。
なぜ、そんなに暗いんだろう。
そこだけなんだけよねぇ。
他にはあれだけ前向きなのに、なんでそこだけ後ろ向きなんだろう。
一人の人格として、あれはありなんだろうか。

文林の方がずっと素直に見えるんだよね。
屈折してるけど。

むしろ、小玉の方が自分が自分らしくあるために文林を利用しているように感じてしまう。

ストーリーは面白いんだけどねぇ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。