So-net無料ブログ作成
検索選択

ボトムズ ペールゼンファイル [アニメ]

ボトムズ ペールゼンファイル
今さら何ですが、やっと見ました。
というか、いつの間にか結構盛り上がっていたんですね、ボトムズ。

ちょうど、私がしばらくアニメをお休みしていた時期とがっつりぶつかっていたので、知りませんでした。
テレビシリーズのボトムズが終わった直後から、数年はテレビを自由にも見られない環境だったこともあって、そのまんましばらく離れちゃってて。

ペールゼンファイルはCGがかなり自由に使えるようになったくらいなんですかね。
CGとセルのギャップが最初はかなり気になりましたが。
でも、最後の方はCGがちょっとセルタッチになっているように感じたのは気のせい?

まぁ、ストーリーとしてはゴリゴリですね。
なんせ、女性が一人も出てこない。
食堂のおばちゃんやら、オペレーターやらすら・・・
これは凄い。
ここまで男くさいのは、アニメに限らず映画とか色んな分野探してもなかなかないんじゃないかな。

私の好みとしては、ゴリゴリすぎて、うーむという感じですね。
テレビシリーズの方ができが良かったのではないかと。
色々と制約があって、妥協点も多くありましたが。
やっぱり、あのインパクトがあって、あとが続いたわけだし。
いやぁ、ぶっ飛びましたもんね、あれは。

ロボットが小さい!主人公がしゃべらない!清潔感がない!女性が出てきても、とにかくストーリーが男くさい!
しかも、それまでのSFアニメと違って夢とかロマンとか希望がない!

ペールゼンファイルはキャラの描きわけがいま一つで、ゴークールしちゃうとパッと見、キリコなのか別人なのかわからないのも難ですね。
キリコはもともとセリフが少ないキャラでしたが、もうちょっとしゃべらせても良かったのでは。

と、いいつつ、シリーズでまだ見ていないのがあるので、結構楽しみにしていたりする。

あんまり主人公に肩入れする方ではないのですが(というか、ストーリーを盛り上げる脇役が好き)、キリコは別格だったなぁ。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。