So-net無料ブログ作成
検索選択

King Arthur [映画]

King Arthur
えー、実は本日、代休で一日時間があったので、2本見てきました。

私が、ついつい引っ張られてしまうものの一つがアーサー王伝説ものです。
前に、アヴァロンの霧については書いたけど、今回のネタもアーサー王もの。

まぁ、とはいっても、だいぶいじってましたね。
元々の物語とはだいぶ違うし、登場人物もあれっ?て人もいましたが。

とはいいつつ、いやぁ、できのいいファンタジーでした。
最初は、いつからアーサー王物語はモンスター映画になったんだ、とか思いましたが。
ハリウッドの映画だそうですが、いまいちいけてないアーサー、というのが新鮮でした。
アーサーがいまいち・・・!
最後は吹っ切れるんですが、そこまで、なんというか当事者感が薄いというか、なんで俺が、っていうのをずいぶんと引きずったなぁ、という印象です。
簡単にはヒーローにならない。

で、そこがまた、なんか共感できる。
自分とは無関係のところで引っ張り上げられる、うざったさというか、面倒くささというか、わかる気がする。

明るい映画ではないところも良い。
かといって暗い雰囲気でもないんですが、日本人が好きそうな湿り気具合。

そして、全体にむさくるしい、でも、衣装が何とも現代的な感じで、ちょっと、舞台劇のよう。
あるでしょ、古典を今の普段着とかでやるっていう演出。

あー、その辺もなんかアニメっぽいのかも。

残念だったのは、最後のバイキングとの円満解決な謁見のところ。
いま一つ、理解しきれませんでした。
どっか、伏線を見落としたんだな、きっと。

過去と現在を行ったり来たりするので、その手のが苦手な人には辛いかも。

前にも書いた気がするけど、日本だったらアニメでやってる。
そんな 内容と演出をアメリカだと実写でやる。

最近はCGとかビジュアルエフェクトとか、アニメも実写も大差ないので、役者がいるかいないかだけの違いかもしれませんが。
この映画は役者に大外れがなかったので、実写でもOKでした。

で、CGの部分(特に戦闘シーンでエクスカリバーが力を発揮するところとか)はなんかとっても既視感あるよなぁって。
散々アニメで見てきたような。
なんか、安心できる作りでした。

これはもう一回行ってもいいかな。

それにしても最近のアメリカ映画は、人種間格差をなくすためか、うーん、ここでこういう配役ってのがありますねぇ。
美女と野獣にしても、このキング・アーサーにしても。
こちらも、慣れたけどねぇ。

感じ方の差はやはりお国柄の違いなんでしょうか。

タグ:King Arthur
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0