So-net無料ブログ作成
検索選択

ジョーカー・ゲーム [本]

ジョーカーゲーム
映画にもアニメにもなった本作ですが、今日は本の方の話です。

読む気になったきっかけはアニメでした。
もっとも、最初は、アイドル起用で映画になったのを知っていたので、録画して見る気もありませんでしたが、偶然、第一回目を見てしまったらおもしろかったので、全部見ちゃったってやつです。
で、本の方も本屋で平積みになっていたのですが、どうしようかなぁって感じで眺めてただけでした。

アニメが面白かったので、そのうち本も読んでみようかと。
しばらく間があいちゃいましたが、ちょっとしためぐり合わせで本を手にしました。

アニメで見ていたので、ストーリーは知ってるし、というかアニメが実に原作に忠実に作っているので(というのは読んでわかったことですが)新鮮みはなかったですが、あっという間に読み終わってしまいました。
たまたま読んでいる時間が取れたというのもありますが、これの前に読み終わった機龍警察から5日ですよ。

続編ではアニメ化されていない物語もあるようなので、そこも楽しみです。
仕事忙しいのに、どうやって時間作ろう。

最近は本やマンガが実写とアニメの両方になるものがそこそこあるので、どちらを先に見る(読む)か悩ましいところですね。
でも、たぶん、これの映画は借りてきてまでは見ないと思う。

映画では原作と違ったストーリーを作り、世界観も違ってしまい、さらにいらない色気とか役者を入れてファン狙い見たいのがありがちなので、あんまり好きではありません。
一番最初が映画なら、原作もアニメもより良いで盛り上がったかもしれないけど。
たぶん、当時見に行かなかったのはキャスト見て「あ、いいや」って思っちゃったんだと思う。
実写の怖さはできの良しあしとは別に、キャストの個性が出てしまうところだと思う。
そうでない役者もいっぱいいるけど、そこまでできるとは(個人的には)思えない人がメインで出てるとテンション下がるよね。

で、本題の本ですが、テンポもいいし、登場人物が魅力的。
ストーリーはわかっちゃってるけど、グッと入り込んでしまうものがある。
一つの世界観を作り上げたうえでの短編集だけど、その中にすっぽり入り込めちゃう。
権力を振りかざすものを嘲笑っているようなところも小気味よい。
しかも、その組織の中で。

ただ、元締めの結城が何のためにそこまで国のために仕事をしているのかが、わからない。
彼の下で働いている若者たちは、個人的には自己満足のために仕事をしているのかもしれないけど、では、結城は?
それもまた、自分のためなのか、何か別のもののためなのか。
力は麻薬である。
そこに囚われてしまった男でないことを祈る。


機龍警察 [本]

機龍警察
ずっと、気になっていたんですが、後回しになっていたものです。
乗り物に乗る時、本がないと不安になるんですね。
駅の近くで本を持っていないことに気がついて、その辺の本屋に行くこともしばしば。

機龍警察もその手の一冊です。

いやぁ、面白かった。
あっという間に読んじゃいました。

3mのロボットというとボトムズサイズですかね。
警察ものなのに、めちゃくちゃ加減も良かったです。
傭兵が警察官になっちゃうし。
でも、妙なリアルな感じがあるのは、警察庁の元警部さんがネタ提供しているからなんでしょうか。
ずっと渋い感じで物語は進んでいきますが、ラストはちょっと軽い感じになっちゃってたかな。
ラスボス出た!って感じはラノベっぽい。

もう、続き書きますよっていうのがバリバリな終わり方でしたね。
あれも、アニメとかになりそう。

タグ:機龍警察

スター・ウォーズ エピソード3 [映画]

スター・ウォーズ エピソード3
録画してあったやつを、ブログ書きながらBGM替わりに流してます。
ちゃんと見てるわけではないのですが、チラッと画面見たときに見てはいけないものを見た気がする。

チューバッカとヨーダが別れるシーン。
なんか、ものすごく背景が安っぽく見える。
当然、グリーンバックで合成なんだろうけど、なんか、舞台のお芝居のできのいい書割みたい。
一回そういう風に見えちゃったら、他のシーンもそう見えてきてしまった。
ヤバい。

背景に比べて人物のコントラストが強すぎるのかな。
建物の中はそうでもないんだけど。

CGの技術?
戦うヨーダがアニメっぽい。
なんか、前に見たときと印象が違う。

最近、アメリカの実写SFより、日本のSFアニメの方がずっとリアルに見えるのは、私だけ?
キャリーフィッシャーもなくなってしまったことだし、もういっそスター・ウォーズもFF15とかハーロックみたいなアニメにしちゃったら!?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

鉄血のオルフェンズ #40 [アニメ]

鉄血のオルフェンズ
泣きました。
好きだったんだよ、あの二人。

展開からいって、予想はされた事態ではありましたが、でも泣きました。
泣いているキャラ達を見て、さらに泣けました。

主人公はポロポロになっても、まだ生きのびていくのだろうけど、サブ達はどこまで生かしておいてもらえるかわからないものね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

この世界の片隅に [映画]

この世界の片隅に
話題になってますね。
最近になって、近所の映画館でも上映されるようになりました。
一日に一回ですけど。

平日の昼間だったんですが、うまく休みが取れたので行ってきました。
結構、混んでました。
大きめの部屋だったんですが。
平均年齢はどう見ても、私よりも上でしたね。

いつもは、ネットで席まで確定させていくのですが、今回は今月いっぱいの劇場のチケットを持っていたので、30分くらい余裕を見たつもりで行ったら、良い席は空いてませんでした。
と言っても、隣に人がいてもいいんなら入り込めたのですが、そこまででもない、微妙な混み方。
いつもよりちょっと前の方の席だったんですが、見始めたら気にならなくなっちゃいました。

大きい部屋のためか、15分くらい前から入場が始まって、さっさと入ったら何も音楽も予告もやってなくて、中途半端に暗くってちょっと時間を損した気がしました。

さて、戦前から戦後すぐを描いた作品というのは知られてますが、昔々、おばあさんから聞かされた戦争のことを思いだしました。
映画の舞台は広島、おばあさんは東京なのでもちろん状況は全然違うんですが、例えば焼夷弾、例えば防空壕・・・
敗戦の気配も濃くなってきたころに徴兵されて、乗っていた南方に向かう船が沈められたおじいさんの話。
なにも出来ず、ただ死にに行ったようなものだったとか。

それでも、なぜかおばあさんの話を聞くのは好きだった。
両親は疎開で苦労した世代で、子供心にとてもつらかったのだろう。
命の危険が差し迫っていたはずのおばあさんよりも両親の話のほうが 聞いていて辛かった。
そもそも、あまり語りたがらないし。

戦争はダメだ。
でも、人間は強い、したたかだ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

宇宙軍士官学校 前哨 12 [本]

宇宙軍士官学校 前哨 12
電車移動の時間が結構あったこともあり、あっという間に読んでしまいました。
とりあえず、この巻でお話は一段落だそうです。
でも、続きもあるらしいし、外伝も出るということなのでこれからも楽しみなシリーズです。

内容はある程度までは予想通りの展開でしたが、後半は派手にやってくれてましたね。
だいぶ、お亡くなりになった方々も多かったですが、ああいう風に終わらせるとは思ってなかったです。
それにしても主人公であるはずの有坂恵一君はあんまり出てきませんでしたね。
なんか、凄い人・できすぎた人になりすぎちゃって、書く方も面白みがなくなっちゃったのかな。

ちょこちょこ出てくる市民とか技術者の方が自然な感じで、なかなか好感が持てたりもする。
モップで地球にやってくる電磁波やらプラズマやらの漏れを消すという(イメージだけど)も面白い。

有坂君には、戦略とか現場指揮とかでもっと頑張ってもらいたいし、次のお話ではそこを期待してます。
ウィルがプチ有坂君になっちゃってるので、そこをどう切り分けるかがちょっと難しそう。

それにしても、ああいう舞台を作っておけば、いくらでも外伝書けそうですよね。
地下シェルターの中のお話、粛清者側のお話、もちろん地球軍の恋バナもありでしょう。

8巻くらいまで出てから読み始めたんですが、第一巻目を近くの幸楽苑で読み始めたのを、何故か覚えています。
11巻までは図書館で借りて、最後のは待ちきれなくて買っちゃったんですが、今度は全部買って、もう一回、最初っから読もうっと。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ユナイテッド・ステーツ・オブ・ジャパン [本]

ユナイテッド・ステーツ・オブ・ジャパン
かなり待って、やっと順番が回ってきた図書館の本なんですが、リタイアします。
頑張って半分くらいまでは読んだのですが、辛くなってやめることにします。

うーん、なんだろうなぁ。
グロなシーンは他の本でも読んでるし、イデオロギーに凝り固まった登場人物ってのもありがちなんですが。
軍国主義、それも本の中では舞台設定としてあるでしょう。

でも、なんかすっと入れないんですよね。

元の英語がどういう感じなのか分からないんですが、文章に入っていけない。
翻訳者のセンスと自分のセンスがずれているのかも。
翻訳ものの難しさでしょうか。
翻訳ものが嫌いなわけではないし、好きな外国の本もたくさんあるんですが。

しかしですね、United States of Japanを略してUSJって・・・
いや、確かにそうなんですが、なんかね。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

幼女戦記 [アニメ]

幼女戦記
まだ、第一回なのですが、これはこのままいけば結構面白いかも。
アニメで途中脱落したイゼッタと似たような背景を設定してますが、こちらの方が面白そうですね、今のところ。

まぁ、もうしばらく見てみようと思います。
タグ:幼女戦記
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

映画の予告編 [映画]

映画の予告編
前にもどっかで書いた気がしますが、映画館で見る映画の予告編が好きです。
映画館側もどの映画にどういう予告を入れたらお客さんが見たくなるか、考えてるんだとは思いますが、時々、え、これ?というのもあります。

たとえば、カバネリを見に行ってウルトラマンシリーズの予告。
なんか、違うよね。

見る気がなかったのに、予告で見たくなっちゃうのもあります。
その逆ももちろんあり。

甲殻機動隊は結構微妙な感じ。
話題になっていて、見たいと思ってたけど。

映画館で予告やってなかったら存在そのものを知らなかったってのもあるかも。
ドクターストレンジとか、マグニフィセント・セブンとか。
(どっちもこれからですね)
映画雑誌とかには取り上げられているのかもしれないけど、そういうの見ないんで。

そう言えば、虐殺器官は来月公開なのに、あんまり予告見ないなぁ。
あ、最近TOHO系の劇場行ってないからか。

MOVIXでアニメいっぱいやってるので、ついそちらがメインになってしまう。
で、本当、最近は常に何かやってるし、アニメを見に行ってもこの後やるはずのアニメの予告が入らないほどいっぱいある。

SINGも面白そうだね。
これも、予告見なけりゃたぶんその気にならなかった映画だと思う。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ACCA13区監察課 [アニメ]

ACCA13区監察課
この時期は忙しいですね。
毎四半期ごとの話ではありますが。

おわる番組を一生懸命見るし、新しいのもこの先録画を続けるか見極めなきゃなんない。

で、今期の初お目見えはACCA13区監察課。
んー、良くわかんないけど、面白そうなので一発却下は無し。

今どき、大衆の面前でたばこ吸ってる主人公が堂々と出てくるって、アニメでしかありえなくなってるよね。
他人に迷惑かけなきゃ、喫煙もありだろって思うけど、リアルで街中で歩きたばこはやめましょうね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ