So-net無料ブログ作成
2018年04月| 2018年05月 |- ブログトップ

GODZILLA 決戦機動増殖都市 [映画]

GODZILLA 決戦機動増殖都市

いやぁ、面白かった。
3部作の真ん中って、つなぎ的になりやすいんだけど(ツナギだったけど)面白かった。

予告込みで約2時間。
まぁ、ほどほどの長さだったんだけど、途中思わず息もできないくらい見いってました。

ちょっと笑ったのは、ゴジラがロボットアニメになっていたこと、かな。
あれはあれでカッコ良かった。
ちょっと、ユニコーンっぽかったかな。
それと、ゴジラが実写並みのリアルさ。
実写でCGでリアルっぽく作っているのをそのまんま持ってきた?って感じで。

次はギドラ!
チラシがまたカッコいい!!
気になったら劇場へ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

銀英伝 [アニメ]

銀英伝
春アニメが始まって一カ月。
やっぱりこいつが一番でしょう。

ストーリーを知っていても、前のアニメ版を見ていても、それでも毎回楽しみです。

おっさんばかりが出てくる物語ですが、大好きです。
主人公のラインハルトより周りのおっさんたちが好きです。
キルヒアイスも良いですが。
まだ、大して出てきてませんが、帝国ではロイエンタール、途中で同盟側に回るメルカッツ、同盟軍ではキャゼルヌもシェーンコップが好きです。
オーベルシュタインは好きではないですが、考え方としては有りだなと。
何と言っても、ヤン・ウェンリーが一番なんですがね。

ヤンは私の心の師といっても過言ではないかも。

ヤンとメルカッツは自分でどうしようもない状況で、ギリギリの判断をどうするか、というところでの肝のすわり方が素晴らしいです。
あー、あのくらい開き直れたら素晴らしい。
胃が痛くなるような状況でも、堂々としていたい。
きっと、愚痴はいくらでもあるはず。
それを表に出すか出さないか、出すとしてもどこで出すかで、きっと下や周りにいる人たちの信頼度は大きく変わってくるのだろうと思う。
それがうまいのがヤン、うまく出来ずに抱え込んで壊れない精神力をもっているのが、ラインハルト。

銀英伝のもう一つの見どころは絵のきれいさ。
特に、艦隊戦とか、大画面で見たい!!

BlueRay買おっかな。
タグ:銀英伝
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

Pacific Rim Uprising [映画]

Pacific Rim Uprising
あー、終わっちゃうっっっ!ってことで行ってきました。

遅い時間だったんですが、意外と人がいたのにはびっくり。
もう終わる直前なので、ほとんどいないと思ってたんですけどねぇ。

まぁ、正直なところ、メカデザインとか怪獣デザインとかはあまり好きではないんですが、世界観としては面白いと思います。
昔のゴジラとか、ロボットもののアニメをリスペクトしていただいて、ありがとう。
でも、まさか、富士山とは思わなかった。

もっとも残念だったのは、翻訳が・・・
rare earth elementsをレアアースの要素って訳はないよねぇ。
elementsは元素でしょ。

富士山にそんなにレアアースが多いかどうか、学問的なところは別として、富士山に特殊な鉱物があるとか、特殊な功績が取れるとかっていうのは設定として他にもありましたよね。
劇場版3部作が進行形のコードギアスもそんなでしたよね。

あと、おぉっと思ったのは東京での戦闘シーンで、ガンダムの立像とその足元の文字。
立像まではまだありかなと思ったのですが、足元の文字って・・・
全部は読めなかったけどANAHEIMなんとかって・・・
エンドロールにも出てましたね、サンライズの名前。
日本にいるとどのアニメがどのくらい外国で受けているのかわかりませんが、レディ・プレイヤー・ワンでも出てきたくらいなので、やっぱりガンダムは有名なんでしょうね。

もう終わっちゃうけど、行っておいて良かった。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ガンダム The Origin 誕生 赤い彗星 [映画]

ガンダム The Origin 誕生 赤い彗星
シリーズ最終話、行ってきましたよ。

サブタイトルはカマセみたいなものでしたね。
がっつりと赤い彗星っぽくモビルスーツでやってくれるのは最初の方のちょっとだけ。
後半はおっさんたちの物語でした。

デギンがあんなにたくさん出てくるのもなかなか・・・
というか、ザビ家の方々がずいぶんと頑張ってましたね。
目についたのはザビ家の人たちの首の太さと長さ。
ギレンなんて、どう考えても猫並みの首の長さですよ。
キシリアさんも首太いし!
鍛えてるんかなぁ・・・

一番わくわくしたのはなんといっても、3倍速いザクの加速ですね。
あの、踏み込んだ時のドッカンな感じは、昔のターボ車の感じでしょうか。
加速中の機体の暴れ方(ビビり方?というか)と、それを押さえつけるシャアもそそるものがあります。
うっしゃぁ、それいけぇ、って感じですかね。
それなりにパワーのでかい車でガバッとアクセル踏みこんだ時っぽく描かれてました。
あ、もちろん、そういうことは許された場所でやるんですよ。
公道でやってはいけません。

あの場面を見るためにだけでも、また行きたい。

後半の政治ショーはもっとせこくいやらしくやってもらいたかったです。
ちょっとあっさりしすぎかな。

客層は時間が遅い平日だったこともあってか、40代中心でしたねぇ、しかも男性がほとんど。

次はもうちょっと前の席でかぶりつきで見るかな。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

2018年04月|2018年05月 |- ブログトップ