So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ボトムズ 赫奕たる異変 & 幻影編 [アニメ]

ボトムズ 赫奕たる異変 & 幻影編/span>
今さらですが、見ました。

実は、大のボトムズファンで、もうン十年アニメ見てますが、本編は確実に自分のベスト10に入ります。
この2本、CGが使われ始めて色々と試行錯誤されている時期のものですね。
内容も双方比べると矛盾もありますが、そこはもうありでしょ。
正直、本編の衝撃には遠く及ばない感じでした。
キャラの顔もちょっと変わっちゃってましたね。

でも、あの世界観にはハマりますね。
改めてみると、あれってロミオとジュリエット?

でも、やっぱり好きですねぇ。
赫奕・・はレンタル店で売りに出ていたレンタル落ちDVDをまとめ買いしました。

iPhone11のレンズがボトムズのスコープに似ていると話題になっていますね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

ヴァイオレット・エヴァーガーデン [映画]

ヴァイオレット・エヴァーガーデン
いやぁ、美しかったです。
さすがに京アニ・クオリティ。

ストーリーとしては小品、と言って良いと思うんですが、ストーリーも絵も美しかった。

あんなことがあった後なので、ところどころドキッとするセリフがあったりするんですが、物語に引き込まれました。
途中のテロップは最初から入っていたのかな・・・?

本編をあまり知らなくても、それなりに世界に入れると思います。
途中にさりげなく、最低限の情報は入っています。

前半と後半でがらっと雰囲気が変わりますが、そして何年か経過するんですが、うまくまとめていて違和感ありませんでした。
ただ、ん年たってもお洋服も一緒だし、あの傘も傷みもせずに綺麗なまんまというのがちょっと現実離れしていたけど。

迷っていたら、行くべき一本。

まぁ、それにしても相変わらずうちの近所の映画館は空いています。
封切初日は混んでいたけど、まだ一週間たっていないのに、水曜日なのにガラッガラでした。
水曜日なのに男性が多かったのが印象的だったかな。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

引っ越し大名 [映画]

引っ越し大名
はい、最近いいペースで映画館に通っています。
今日は引っ越し大名。

珍しく邦画の実写。
あ、でもないか。

モチーフになった殿様は実在していたということで、転勤族のはしりですかね。
主人公たちは標準語でしたが、姫路城引き渡しの相手は東北弁(!?)でしたね。
渡される方も、ずいぶんと遠くから引っ越ししてきたんですねぇ。

昔は地方ごとにかなりなまりが強かったし、標準語なんてないので出身が違うと意思疎通が大変と聞きましたが、国替えについていかなければならなかった武士の家族、特に下級の方々のところは大変だったでしょうねぇ。

役者さんたちが良かったですね。
高橋一生の突き抜けぶりがすごく良かった。
あんまりドラマとか見ないんですが、まじめな役柄が多い方という印象が強かったので、新鮮でした。

全体にコメディタッチで描かれていますが、人情も義理もしっかりと詰まってます。
切り口間違えれば、とってもブラックなお話になっちゃうんですが。

でもって、ちょこっとだけミュージカルチックなところも笑えました。
あの演出はすごいわ。

そこそこ話題人っている作品ですが、金曜日の夜の早目の時間でお客さんは4人でした。
封切からまだ1週間だよ。
裏がヴァイオレット・エヴァーガーデンの初日というのも影響していたかもしれません。
実はどっちにするか迷ったんですが、あちらはやはりかなりの混みようだったのでやめました。
一週間以内には絶対行くけど。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ライオン・キング(本編に関係ない愚痴あり) [映画]

ライオン・キング
超実写版、見てきました。
字幕版で。

実は、舞台もアニメ版も見てないんです。
テレビでやってたの、録画したけどまだ見てない。

内容はたぶんどれも同じなんでしょうね。
はまってる人はすごくはまっているらしいけど、内容的には、まあ、あんなものかな・・・と。
アニメ版は見なくてもいいかなと思いました。
ミュージカルはどう演出しているのか、見てみたい気もする。

画面は、とにかく綺麗でした。
フルCG?
背景も?

一度だけ南アフリカに行ったことがあるんですが、また行きたくなりました。

動物の動きも動物の専門家でない私からすれば、とても自然。
しゃべるところ除けば。

ただねぇ、観客がダメだった。
午前中の早い時間に夕方のチケットを取ったんですよ。
その時はガラガラだったんです。
で、行ってみたら結構、混んでる。

まあ、そこまでは良かったんですが、私のとった席におばさま二人座っていて、「間違っていませんか」って聞いたら、「はい、間違っています。来ないかと思って座っちゃいました」って。
いや、あんたたちの方が後からチケット買ったでしょ。
すぐにどいてくれたから、その時はまあ、いいかって。

別の席では、映画の途中で小さい声で歌いだしそうになったり、派手目に反応したりなんて人もいました。
アメリカだったらいいのかもしれないけど、ここは日本だからね。
応援上映じゃないんだし。

で、最悪だったのがエンドロール。
そこで出ていく人たちは、ちょっと邪魔だけど、まだいいんです。
件のおばさま二人組、最初は小声で、段々と抑制が利かなくなっていってそのうち普通におしゃべりです。
勘弁してほしいわぁ。

まあ、もう二度と隣にはならないだろうから、と思って上映後に席を立ったら、おばさまたちの前に座っていた方が「エンドロールでおしゃべりするなら、出ていってもらえますか」って。
ここだけは、スカッとしました。
やるなぁ。

一般受けしている映画は、水曜日の早目の時間はやめようと思いました。
普段だったら、見に行かないような映画だったんですが、超実写版に魅かれて行っちゃったんですよね。
これからはレイトショーか、なんとかデーじゃない日にしよう。
次に気をつけるべきはスター・ウォーズかな。

でも、その前に見たいのがいっぱい。
あんまり一般受けしないものがなぜか好きなので、しばらくはガラガラの映画館でゆっくりと見られるかなぁ。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

Fairy gone [アニメ]

Fairy gone
遅ればせながらですが、フェアリー・ゴーン。

一部では大変評判が良いようですが、個人的にはちょっとって感じでした。
たぶん続きがあるんでしょうけど、もっと見たいというほどはハマれませんでした。

もう少しネタばらしというか、想像させてくれる部分がないと・・・
あまりにも中途半端。

最初に期待したほど、ストーリーにふくらみがなかったし。
もしかして、これからの伏線を張っただけだったのかも。

今やってる「かつて神だった・・・」と絵が似ているのも紛らわしくて良くない。
(「かつて」の方が後なわけですが・・・)
タグ:Fairy gone
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

二ノ国 [映画]

二ノ国
封切られたばかりですが、秋は見たいものがたくさんあるので、さっさと行ってきました。
すでにはじまっている学校も多いせいか、レディスディでもない平日の中途半端な時間だったせいか、ガラッガラでした。

ストーリーは異世界・勇者ものですが、ひねりがあって最後に夫思わせる展開もあったりして、良くできていたと思います。
主人公の一人にはイライラさせられたけど。

それより、予告がヤバかった。

銀英伝の予告編なんて、肌が粟立ちものです。
早く見たい!!

それと、ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝。
予告だけで泣けそうなストーリー。
テレビの本編も泣けたもんねぇ。
それに加えて例の事件。
タオルは必須だと思います。
もう、予告の中のセリフだけでウルっときました。
二重三重に意味深で・・・

他の映画の話になっちゃいましたが、二ノ国、良かったです。
ただね、ヒロインのCVが・・・
周りに比べて棒読み過ぎ。
正直、あれでちょっと興ざめしました。
長台詞もそこそこ多かっただけに、もうちょっと力のある人にやってもらいたかった。
タグ:二ノ国
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

アルキメデスの大戦 [映画]

アルキメデスの大戦
豪華な俳優陣でも話題になりました。
久しぶりの実写映画です。

戦艦大和が中心となって進んでいくお話で、戦闘シーンとかも多いのかなと思って見に行きましたが、本格的な戦闘シーンは冒頭部分だけでした。
でも、それがまた圧巻で・・・

何年か前に大和ミュージアムに行って、どでかい模型を見たり、色々な写真も見たりしたんですが、例えば砲塔とか銃座とかを動かす兵士たちが動いている、あの場面はふるえました。
今はすべて自動でやるのでしょうが、当時は銃座を回すのも、玉を補給するのも人手だったというのを改めて見せつけられました。

さて、それはそれとして、大和を作ろうとする人と、それを阻止しようとする人たちの駆け引き、それも政治的というか軍事的というか外交上のというか色々なものが絡んで、とても面白い作品になっていました。
昨日の敵は今日の友。
その逆もまた真なり。

フィクションですが、似たようなことはあちらこちらで起こっているんでしょうねぇ。

ところで、見に行ったのが世の中の学生さんが夏休みに入った直後の平日の午前中だったんですが、客層の平均年齢はえらく高かったです。
部屋に入った瞬間、かすかな加齢臭が・・・というくらい。

きっと学生たちは他のものに流れたんでしょうねぇ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

天気の子 [映画]

天気の子
いわずと知れた、この夏ヒット中の映画です。
もうすでに見た人も多いと思うので、ネタばれ含みます。

絵はとてもきれいでしたね。
吸い込まれそうな空が良かったです。

前半のストーリー展開はちょっと無理があるかなぁ、と思って見てましたが、まさかまさかの終盤でしたね。

常日頃、あの辺りは絶対に水出たらヤバいよねぇと思っていたので、とても納得な景色でした。
東京は人が多くて、そう簡単にはいかないかもしれませんが、あの、最後の方で水上交通が発達した姿は、これから考えても良いのでは、と思いました。

江戸時代から治水と利水について、ものすごく苦労してきた土地で、かつ、そのころから積極的に埋め立てをしてきた場所です。
昔は運河が発達していて、荷運びに活用されていたとのことですが、今は全部埋めたり暗渠になってしますね。
せめて、暗渠にした部分で使えそうなところだけでも復活させられないものでしょうか。

余談ですが、関東地方の、特に東京の近くは水のない台地と湿地が多く、畑や田んぼを作るのも色々と苦労があったり、江戸の人の飲み水なども苦労して引いてきていたんですよ。

最近の都内のゲリラ豪雨の一因には、ベイエリアに作った構想ビル群が空気の流れを変えたことにあるとも言われていますが、確かにあのあたりの開発が進んでから局所的な雨が多くなった気がします。
温暖化よりもずっと証明しやすい事実かもしれません。

人は自然に手を加え続けてきましたが、自然に対抗し続けるにはものすごい技術費用がかかるのも、証明されていますよね。
台風や大雨などで毎年被害が出てしますが、ある程度の備えで自然に抗いきれなくなったときには、うまくかわすことも覚えなければね。
タグ:天気の子
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

後宮の烏 [本]

後宮の烏
だいぶしばらくぶりになってしまいました。

後宮の烏は図書館で借りたのですが、だいぶ待たされました。
半年以上待ったかな。

で、読むのは一日・・・
さくさくと読めて、しかも面白い。

次も予約しましたが、いつになることか。

主人公の寿雪が、もうちょっと年齢いってる方が良かったかなと思いましたが、まあ、いいでしょう。

もうちょっとドロドロ系かな、と思っていたのですが、かなりあっさりとして後味でした。
後宮住まいがあんなに出歩いていいのか?とも、思いましたが。
まあ、面白いからいいか。

中華ファンタジーのミステリといったところなんでしょうが、みすてりか
タグ:後宮の烏
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

紅霞後宮物語 第十幕(辛口) [本]

紅霞後宮物語 第十幕
うーん、なんだかなぁ。

ここまで買って読んでたんですが、ボチボチやめたくなってきた。
第零幕の方が面白いかなぁ。

あの、女同士のドロドロとか、苦手なんですよね。
しかも、なんだか、小玉疲れちゃってるし。

仕事して、疲れて帰ってきて読みたいかっていうと、かえって疲れる感じで・・・

これからは借りて済ますことにします。
ここまで読んできたので、先が気になることは気になるんですが、買ってまで読みたいかというとそこまででもないかも。

第零幕の方はたぶん買い続けます。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -