So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

宮廷神官物語6 [本]

宮廷神官物語6
勢いで読んでます。
最近電車移動が多いので。

とっても肝心なところが、さらっとスルーされちゃってて、肩透かし食らった感はありますが、全体としては面白いです。
まだまだ、色んな陰謀やら何やらありそうですが、きちんとカタをつけてもらいたいです。
でも、勧善懲悪的なピリオドはやめてね。
って、このシリーズ、完結してるのか?
その辺も知りません。

とにかく、次の本に期待(すでに後2冊は図書館から借りて、後は読むだけ状態ですが)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

風が強く吹いている [本]

風が強く吹いている
えーと、アニメも現在進行形で見てるんですが、というか、アニメ見ていて、あらためてもう一度読みたくなったので読みました。

本も読んで、映画も見て、ちょっと時間をあけてアニメも見て・・・

読み直してみると、物語が(?)自分の中で(?)勝手にどんどん進化していることに気がつきました。
頭の中では、今のアニメ版がとても自然なんです。
でも、読み直してみると、原作は割とシンプル。

映画でも多少膨らませたり削ったりしたところがあって、前に本を読んだ割とすぐ後だったこともあってちょっと違和感あったんですが、いつの間にか自分の中でどちらもありになっていて。

箱根に至るプロセスは、本に書ききれていない部分をさもありなんという形で補っちゃってる。
ってか、まだアニメはやっと梅雨の時期だけど。
だし、走の過去の問題が出てくるのももうちょっと後じゃなかったっけな。

まあ、そこはとりあえず・・・として
本では半分は箱根なんです。

このペースでいったら、箱根はどのくらい時間を割いてアニメでやるんでしょう。
本物の箱根は一人大体1時間走るわけですよね。
映画ではかなり飛ばしましたが、それなりの時間割いてた。
本で、各人が色々な思いを抱えて走っているところがたっぷり書かれていたのを、ここまで時間をかけて描いているアニメが中途半端に描くことはない筈(と、期待したい)。
もう、このまま箱根編は往復それぞれ2時間くらい使って映画にしてくれても良いよ。

読み直して、何度も読んだり見たりで知っている話なのに、あらためて泣けてきた。
「風が強く吹いている」というフレーズでは実は本では出てこないことに改めて気がついた。
映画では非常に印象的に使われていたフレーズだったんだけど。
では、アニメでは、と、期待せずにはいられない。

たぶん、アニメから本に行ったら、アラって思う人も結構いるかもしれない。
特に王子のタイムは全くとは言わないけど、おやっと思うところはあるはず。

それと、5k30分って、実際に自分で走ってみると、走ったことがない人にしてみたら決して凄く遅いタイムではないんだよね。
本でもアニメでも、感化されたら一回走ってみるといい。
そもそも、5kを走りきれるのか?
最初の10分を耐えると残りは勢いで行けちゃう人もいると思う。
でも、たかが5kされど5k。

あ、ちなみに私の本を読む速度は走並みとは言わないが、ニコチャンくらいではあると思う。(なんのこっちゃ)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

機動戦士ガンダムNT(ちょっとだけネタばれ) [映画]

機動戦士ガンダム NT
ほぼ予備知識無しで行ってきました。
さっさと見に行かないとね。

しばらくSMT系の映画館に行ってなかったので、予告も見れなかったし・・・
チラシの知識だけでしたので、見ねばチャンが出てくるのは知ってたんですが。

ニュータイプも段々わけわかんなくなってきてますね。
逆シャアあたりからでしょうか、スケール大きくなりすぎて何が何だか・・・
ララァなんてかわいいものでした。

そして地球は(人類は)また救われたってところなんでしょうが、んー、ちょっと都合良すぎて納得いかない。
でも、楽しめましたよ。
私の頭が固くなってるだけのことと言われればそれだけのことなんで。
絵は綺麗だったし、構成も好みだったし、戦闘シーンは迫力あったし。

ちょっと辛かったのは、途中で入った音楽のバスドラの音が心臓に響くんですよね。
場所のせいなのか、音響のせいなのか、ちょうど自分の心臓と同期しちゃうし身体の波長と共鳴しちゃうしって感じで、タイミングずれたら心臓止まるんじゃないかってくらい音圧感じました。
腰とか背中で音を感じたことは有ったけど、あれは初めての体験でした。
(歳のせい?)

リタの頭にメス入れちゃってたシーンが何度か出てきてて、しかも、ガンダムが意志?だけで動いてるって、あれは航空宇宙軍史の戦艦に脳だけ組みこんじゃうってやつと、どっか通じるのかなって。
読んだばっかりなのでそう感じただけでしょうが。

ニュータイプの感応の表現が最初のガンダムと同じで(そうしたんだと思うけど)ちょっとホッとしました。
古いシーンも作り直さずに、オリジナル出してくるところも良かった。
凄く画質の落差は大きいんですが、でも、あえてあれが出てくるところがオールドファンにはたまらないかも。
一瞬とはいえ、大スクリーンでまた見られるんですよ!!

でも、まだ続きそうですねぇ、宇宙世紀シリーズ。

ちなみに、来年は閃光のハサウェイだそうです。
むかぁし朝日ソノラマ(知ってる?)の小説で読んだんですが(えーと、かれこれ35年ほど前)、あれと同じストーリーかなぁ。
結構、衝撃的なストーリーだったんですが。

これまた、楽しみ!

それにしても、駐車場に赤い車が多かった気がしたのは私だけだろうか・・・・

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

航空宇宙軍史・完全版 [本]

航空宇宙軍史・完全版
やっと読み終わりました。
全5巻

文庫本ですが、厚さ3センチもあるんですよ。
それが5巻・・・

うーん、最後は意地で読んだって感じでしたね。
正直、第5巻目は辛かった。
宗教観が・・・合う方は良いのかもしれませんが、私はちょっときつかったかな。

それにしても、宇宙軍の設立が2020年って・・・
アメリカとか日本とか、宇宙軍を2020年ころに作るって言ってますよね。
予知?

あまりに本が分厚いので、持って歩くのしんどいんですよね。
それも、読み終わるのに時間がかかった原因。
やっぱり文庫は1センチ以下でないと。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

秋アニメ 色々 [アニメ]

いやぁ、もうひとくくりでいっちゃいます。

秋アニメは豊作!!

一番はまっているのは「風が強く・・・」ですかね。
駅伝は大好きで、つい先日もボーっとテレビつけたら全日本大学駅伝やってたり、東日本実業団やってたりと、シーズンですねぇ、と思いながらテレビの前から動けなくなる。
本も読んだし、映画も見ましたが、これはこれで良い。
にらが可愛い。
ジョータとジョージの見分けがつかない。
絶対にあり得ないほど無茶な設定ではあるんですが、でも、やっぱり面白い。
新規参入の大学が10年くらいかかってもどうかなということを1年でやっちゃうのは物語の世界のこと、ということで・・・
しかし、1クールではどう考えても終わらないですね。
本物の箱根はさんでやるのかしら。

それから、これも楽しみ「Double Decker」
サンライズのバディものって、手を変え品を変え色々出てきますが、タイバニ路線のもうちょっとだけ現実世界に近付けた内容。
ま、とはいえ、SF要素満載ですが。
毎回のタイトルもどっかのパクリっぽいのが良い。
何年か前に、大河ドラマでもそんなのが話題になりましたが、同じ路線のつけ方ですよね。
ストーリーも、ぶっ飛んで好きです。
絵もきれいだし!

打って変ってまじめにやってるのが「ツルネ」
いやぁ、京アニの世界観満載。
いいですねぇ。

待ってましたの「Thuderbolt Fantasy2」
アニメ枠なので、こちらに入れておきましょう。
人形劇だけど。
相変わらず、美男美女軍団が戦ってますねぇ。
今日までのところ、えっ、あのキャラ実は・・・ってのも出てきて、後半ますます楽しみ。

再放送ですが「ヴァルヴレイヴ」
本放送では途中参戦だったので、見直してます。
これも、サンライズのバディものですね。
これはこれで良い。
なかなか病んでます。

病んでいると言えば「神牙」
これもアニメではないですが、まあ・・・
良くわかんないけど、なんか見ちゃうシリーズです。
今週は福君が出てきてましたね。
一週限定で、お亡くなりになっちゃう役でしたけど。

5分間ものでは「ティラミス」ですね。
あのくだらなさと、クオリティのギャップがたまりません。

他にも、いくつか見始めたものがあったんですが、あまりにも見たいものが多すぎて切りました。
夏から続いているBananaとかもあるし、ゴールデンカムイの第2期も頑張って見てますが。

夏に少し、まわしてもらえれば、見るのあきらめちゃったのも見られるのに。
残念。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第六章 回生篇 [映画]

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第六章 回生篇
まだあります・・・

これ、テレビでもやってるんで、どこまで話が進んだのかちょっと混乱してますが、やっぱり白色彗星の迫力は大画面ならです。
今、仕事でAIがらみのことやってるんで、ヤマト見てもAIか・・・と、ちょっとげんなりしました。

ヤマトが悪いわけではないんですが。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

紅霞後宮物語 第零章3 [本]

紅霞後宮物語 第零章3
すみません、まだあります。

本編の方はだいぶ黄昏た感じもありますが、こちらは若々しいです。
というか、青い。

このお話も割と人間関係ドロドロの内容ですよね。
ま、わかりやすいっちゃわかりやすいドロドロ加減ですが。

本編の方はなんか暗い雰囲気も醸し出していますが、こちらの第零章は明るく元気に同時並行で行くんでしょうか。
こういうのも、ちょっとめずらしいですよね。
外伝として、間に挟まってくるのは良くありますけど。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

星系出雲の兵站1&2 [本]

星系出雲の兵站1&2
本日は、まだまだ、いきます。
これもまだ、続きそうですね。
続きが待ち遠しいシリーズです。

帯の「英雄の誕生は兵站の失敗にすぎない」に魅かれて買いました。
いやいや、なかなかにハードなSFですね。

ずーっと読んでもなかなか終わらない谷甲州の航空宇宙軍史(こっちもあとちょっとで読み終わる!!)とかぶる内容で、どっちも並行して読んでいたので、チョッと頭の中でこんがらがりそうになりましたが、なかなかに、不気味な雰囲気です。
最初は政治と行政の駆け引きがメインで進んでいくのかなと思いましたが、それだけではない、ファーストコンタクトものでもあります。
政治家とお役人もいっぱい出てきますが、ここに出てくるお役人は軍の行政官がほとんどですね。

銀英伝でもずいぶんロジの話は出てきましたが、本当に重要なんですよ。

でも、このお話、結構怖い。
アメリカあたりで映画化したら、立派なエイリアンものができそう。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

宮廷神官物語 1~4 [本]

宮廷神官物語 1~4
このところ本屋でずーっと気になってた本です。
で、図書館で借りました。

本屋にあったのは角川の普通の文庫。
で、図書館で出てきたのはラノベでした。

あぁ、改訂版だったのね、あれ。

まぁ、気を取り直して・・・
あっという間にハマって、3週間で4冊です。
電車移動が多かったのもあって、本読む時間が割と多かったというのもあり、あっという間に・・・

このところ、ちょっと重めのが多かったので、サクサクといっちゃいました。
韓流っぽいのもちょっと新鮮。
最近は彼の国との関係もちょっときな臭い感じもあるのですが、これはこれで別物。

楽しく読めました。

カブキブと同じ作者で、たぶんこっちの方が古いのではないかと思いますが、とても読みやすかったです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

ボヘミアン ラプソディー [映画]

ボヘミアン ラプソディー
いや、これはもう、巷でも凄いことになってますよね。
タイトルになった楽曲はまたまたチャートインしちゃうし。
最高でした。

思い入れだけでも十分、感動できるのですが、凄く良かったです。
↑もろに世代です。
コンサートも行きました。

映画の中で流れる曲も、古いところは大体は歌詞を口ずさめます。

周りがおとなしくもていたのでできるだけ静かにしていましたが、手をたたき、一緒に大声で歌いたかった。
そういう、上映やっているところもあるんですよね。
もう一度見に行きたい。

最近、ラジオでもいっぱいクイーンが流れるので幸せ。

ちなみに、ブライアンは凄く似てました。
ジョンも似てたかな。
フレディはまあまあ。
ロジャーはもうちょっと似ている人を探して欲しかった。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | -