So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

時をかける少女 [本]

時をかける少女
先日、テレビでアニメ劇場版のをやっているのを見て、図書館で原作を借りてきました。

わたしが時をかける少女と出会ったのは、むかぁしNHKで夕方やっていたドラマシリーズです。
もう40年以上前かなぁ。
当時、夕方だったと思うけど、20分くらいの枠で中・高生くらいをターゲットにした、SFものなんかをドラマにしているシリーズがあったんですよね。
結構好きで、色々見てたんだけど、他にどんなタイトルがあったかは忘れてしまいました。

ただ、原作は読んでいなかったので、借りてきました。
あえて、一番古い本を選びました。

現在では差別用語とされているような言葉もいっぱい使われているので、もしかしたら、最近の版ではそのあたりが改訂されているかもしれません。
今度、新しそうなものを借りてみようかな。

アニメ版よりもずっとシンプルで、ひねりもないけれど、良いお話でした。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

バチカン奇跡調査官 ジェヴォーダンの鐘 [本]

バチカン奇跡調査官 ジェヴォーダンの鐘
ちょっと前に読み終わってたものですが、書いている暇がなかった。

あれっと思ってるうちに謎ときが終わっちゃった感、満載でした。
相変わらず、最後のなぞ解きのお話部分が長いですね。

ジュリアの話にボチボチ戻ってきそうな雰囲気は有りますが、もう少しかかりますかね。

古代キリスト教の話とか、面白いんですが、その辺の話から謎解きまで全部つながるとは思いませんでした。

借りて読むくらいがちょうどいい本。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

しゃばけ [本]

しゃばけ
今アニメでやってる「つくもがみ貸します」が面白いので、探してみたんですが、手近にあったのがこれだったので、とりあえず読んでみました。
畠中恵さんの本はこれが初めてでしたが、一気に読めちゃいました。
まあ、時間がまとめてとれなかったので、数日はかかりましたが・・・

読みやすいし、難しいことは出てこないし、キャラ達も魅力的ですね。
よわっちい主人公がまた何ともいえず良い。

しばらくは畠中さんの本にはまりそうです。
タグ:しゃばけ
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

銀英伝 1~5巻 [本]

銀英伝 1~5巻
アニメが始まったのを機に、読み直してます。

5巻まで読み終わりました。
ここで、一段落するんですよね、お話が。

良く、ここで止めなかったなと。
やめてしまっても違和感ないくらいの書きぶりですよね、最後の方。

田中先生の物語に出てくる「後世の歴史家」ではないですが、もし、あそこで終わっていたら銀英伝はここまでヒットしていたか。
しなかったでしょうね。
でも、中ヒットくらいは出ていたのではないかと思います。

この後のロイエンタールのお話あたりは、まったく別の様相ですよね。
でも、あれで一つ大きく盛り上がるのも事実。
いやぁ、好きですよ、ロイエンタール。
容姿はもっと地味でも十分に成り立つと思うんですが、そこはまた、あれですね。

それにしても、5巻目の後半、第9章は涙が出ます。
もっと書いても良いんだけど、もし、まだ読んでない人がいたらネタばれになってしまって、つまらなくなっちゃうので書かないことにしますが。
ここで、ヤンはちょっと変わったかな。
でも、ここからのヤンも好き。

さて、続きを読むことにしよう。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

博多豚骨ラーメンズ 第一巻 [本]

博多豚骨ラーメンズ
アニメが面白かったので、図書館で借りてみました。
アニメは絵のてまを省くために林ちゃんがほとんどJKな感じの服装でしたが、小説では色々と着替えてました。
んー、見てみたかったなぁ。

物語の雰囲気はアニメまんま、というかアニメが良く小説を反映していた、と言うべきか。
近所の図書館はなぜか第一巻しかもっていないので、これからリクエストかけて残りも読んでみたいと思ってます。

こいつも疲れた頭にはちょうどいい感じ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

再就職先は宇宙海賊 [本]

再就職先は宇宙海賊
宇宙軍士官学校の続きを待っていたんですが、鷹見 一幸さん、別のシリーズに手を染めていましたね。

宇宙軍・・・のスーパーテクノロジーと笹本祐一さんのミニスカ宇宙海賊をシェイクした感じかな。
スペオペ(死語か?)コメディとしてこれからどうなるか楽しみですね。

疲れていても軽く読める一冊です。

タグ:鷹見 一幸
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

紅霞後宮物語 第7幕(相変わらず辛口) [本]

紅霞後宮物語 第7幕
んー、凄くフラストレーションのたまる終わり方。
何が何でも続きを読ませようという作戦ですね。
そういうのちょっと嫌かも。

ありがちですが。
それなりに面白いんだから、そういうことしない方がいっそ潔いのに。
そう、主人公のように。

物語そのものはあんまり進まなかったですね。
これからの下準備の一冊という感じでした。
そういうところを感じさせちゃうところが、まだ作者としてはちょっと青いかな。

気がついたら、あー、あれが伏線だったか!!というのが、読んでる方としては楽しいんですがね。
そういうのはもう一度読む気になれる。

作者、がんばれ!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

レアリアⅢ [本]

レアリアⅢ
これは待ちましたねぇ、出版まで。
で、出てみたら前後篇の2冊組。

あ、こちらは買ってます。
「彩雲国・・・」の後半から「骸骨を乞う」とか、かなり好きなので。

なかなかに雪野ワールドでしたね。
好きですね、こういうの。
正直、すぐに頭にストーリーが入ってこないんですが、もう一回読めばいいだけのこと。
だいたい、前のお話とか登場人物とか結構忘れちゃってるし。

これから後半だそうなので、全部読み直すのはあともう何年か我慢しても良いかな。
10年単位でなければ・・・・


タグ:レアリアⅢ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

カブキブ!6 [本]

カブキブ!6
図書館で借りました。
かなり待ちました。
もう、とっくに次出てるし・・・
次も貸し出しの予約しました。

どちらかというとツナギという感じの巻でしたね。
これからどうなるのか、わくわく・・・というところ。
ちょっと登場人物のキャラが変わったかな、という印象はありますが、まあ、それはそれで。

本が売れない昨今、図書館でたくさん買いすぎないのは良いことです。
人気の新刊とか、売れなくなっちゃうもんね。
待ちたくないなら買えばいい。

本当に好きなら買うし、もう一度読みたい本も買うことが多い。
どうしようか考えている本とか、とりあえず読んどきたいとか、そういうのは図書館。
買うこと自体に抵抗はないんだけど、とにかくたまって仕方ない。
本って置き場所くうんだよね。
すぐに処分できる性分じゃないし。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

アルスラーン戦記 最終巻 [本]

アルスラーン戦記 最終巻
いやぁ、やっと終わりましたね。

これも、昨年中に読み終わっていたのですが、書けてませんでした。
発売の前の日の晩、もしかしたらと思って本屋に立ち寄ったら、並んでました。
しめしめ・・・とはいえ、この段階では宇宙軍士官学校をまだ読んでいる途中。
どうにか時間を作って、2冊、読みました。

ノベルス第16巻。
31年だそうで。
ここまでつきあったのは、あとはグインくらいでしょうか。
あれは、作者が亡くなって、読むのやめちゃいました。
別の方が書き継いでいるのも、数冊読んだのですが、やっぱりご本人のものではないので、読み続ける気力が出ません。

ってことは、私はもう大学に行ってたんですね、第一巻(もちろん、文庫本)読んだの。
欲を言えば、天野さんの挿絵を最後まで見てみたかった。
どっちかというと表紙買いでしたから、当時は。

角川版も全部は読んでないと思います。
たぶん9巻まで。
Yahooさんで表紙の画像検索して見ていて、ここまでは記憶にあるんですが。
調べたら、その先7年あいてますもんね。
きっと、記憶から飛んでたと思う。

内容は、予想してましたが、大勢お亡くなりになりましたね。
メインのキャラがとてもとても多かったので、生き延びた方々も田中さんにしては多かったと思いますが。
最終巻の楽しみの一つは誰がどこでどういう亡くなり方をするかだったりして。

最後の最後は、絵が目の前に浮かぶような締めくくりでした。

総じて、良い物語だったのではないでしょうか。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ: